うたと からだと わたし

キャリアチェンジし5てヶ月。55歳保育補助員の日記です。

わたしの「口笛物語」

ご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

口笛って いいですね〜。

口笛の達人たちの コンテストを

テレビで観たことがあります

その音楽性に 感動しました-- -!

 

わたしの場合は 

初級も いいとこ かわいいものです

そうは言いましても 

一曲演奏できたときの達成感は ひとしおです…!

 

 なにせ

3年前までは 全く吹けなかったのですから▪▪

 

 そうだったのです

52年間の口笛吹けない人生よ、さようなら

ついに口笛で一曲吹けました

「カエルのうた🐸」が…!

 

快挙でゴザイマス

(誰からも褒められていないので

思いっきり自口笛自賛してます)  .....(╹◡╹)

 

~~~~~~~~~~~~~

 

 なぜ 50過ぎてから口笛に人生をかけたのか▪▪

それには 深い 訳があります    ( *´・ω)/(;д; )

 

恥ずかしいけど  記します

お聞き苦しい話を お許しくださいませ

 

3年前のある日

社員食堂の喫茶コーナーで

紙コップではない 、ちょっだけ

贅沢な気分になれるカップで

コーヒーを 楽しんでいたときのことです

 

ボタッと何かが テーブルに落ちました

液体・・・⁉

コーヒーです

一瞬 フリーズしてしまいました

 

「口からコーヒーをこぼした❓!(◎_◎;)」

 

焦りました

幸い周りに知り合いもいず

 見られてはいなかったとは思います

 

でも、でも……そんなことって▪▪(;TДT)

あっていいの?

あまりにも筋肉と神経が脱力しすぎ

締まりがなさすぎ

もうろくしている、ということなのか・・

 

何とかせにゃ あかんとです!

 

テレビや雑誌で

口周りの筋トレの重要性や方法についてなど

 知識は すでに得ていました

 

でも それって 別に楽しいものではないし

続けられる気がしない…

 

だったら 口笛に挑戦してみよう- - -♪

と思ったのです

 

ネットでみると

YouTubeでの指南やカルチャー講座などもあるんですねー

 

わたしの場合  遊びと筋トレが目的なので

一人で気楽にいたします

とにかく 試行錯誤 実践あるのみ✨

 

そうして 

人には見せられない顔をしながら

お口の周りと遊んでいるうちに 

徐々に 音程になっていったのでした

(あれ以来 コーヒーこぼしてません(^_^)v)

 

子どもの頃から 口笛ができた、姉の話では

最近 吹けなくなってきた 、とのこと

 

 うんうん、わかります

使わない筋肉は すぐに衰えてしまう

ホント 中高年ってそうなんです

 

❮実践のためのキャッチコピー❯

☆ 自分の筋肉 使ってナンボ

☆ できない=「伸びしろがある 、この先に楽しみがある」  ※

☆ 疲れたら 休もう。。       ( ˘ω˘ )

   (顔面の筋肉を総動員して 実験するので

   適度に休憩。じ~んと活性化を実感💓…)

 

 

※  思い出したことがあります

30代のとき 趣味で 和太鼓のグループに入ってました

横笛を吹く先輩に憧れて 自分も横笛を 購入し

練習しようとしたのですが

全くもって音がだせなくて  

横笛デビューを断念したのでした  。。(;_;)

 

伸びしろがあるから 再チャレンジしようかな…

 

 

Have  a  nice day!

どうぞ すてきな一日を

 

f:id:meymon:20180418120137j:plain

KENZOさんのデザイン画を 真似してみました❯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗記とりんご

ご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

明日とあさって

保育士試験を受験します

 

年齢制限がなく

3年間で 9教科と実技に受かればよい

とのことで チャレンジ⤴

 

覚えることが多くて あっぷあっぷしてマス

 

戯れに「暗記 りんご」と検索したら

いくつかの記事が 出てきました

 

ふむふむ りんご=Apple🍎の覚え方 など(*´・ω・`)b

 

“りんご“っていいなあ…

色 かたち 香り 味わい 名前などすべて

以前スケッチした“自画自賛“のりんごを載せます

( ストレスのある時 絵や音楽に安らぎをもらうのです…)

 

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

f:id:meymon:20180419150852j:plain

「花の色は▪▪」

いご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

 

先ほど 花の盛りを過ぎた“ハナミズキ“の写真を撮りました

 

 

「花の色は うつりにけりな いたづらに

    わが身世にふる ながめせしまに」 小野小町

 

               古今集小倉百人一首

❮歌意❯

桜の花はむなしく色あせてしまった

春の長雨が降っていた間に

ーー私の容姿もすっかり衰えてしまった

生きていることのもの思いをしていた間に 

          (原色 小倉百人一首 文英堂より)

 

美人薄命だったと伝えられている“小野小町“女史 

共感します。。 薄命ではないけど  ( *´・ω)/(;д; )

 

先の参考書によると

「むなしく老いさらばえていく自分自身の人生が

 深い哀惜の気持ちをもって見つめられているのである」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いつも この場にテンション高く

“還暦にむかって若返ってる! 生き生きワクワク🎵“系の

記事を書くことの多いわたしですが 

きっとその裏側には“小町女史“と同じような哀惜の気持ちが

はりついていることでしょう

 

 

陰の中にも陽があり 陽の中にも陰がある…ってことかな…

今日は 陰の割合ちょっと多めに過ごしてみたいかも▪▪

(思い当たるフシはあります(*`・ω・)ゞ)

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

f:id:meymon:20180419111708j:plain

わたしも 育ててもらってる▪▪

ご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

昨日 職場の保育所(0~2歳児▪21名)で

子どもたちの身体測定の日でした

その担当をするのは 三度めになります

朝7時すぎから登園がはじまり

検温が済んだ子から 順にオムツ替えし 測定です

 

8時からは 登園の子どもたちが増え

保育者も 始めの二人から 順次出勤しますが

登園時の保護者とのコミュニケーション

先生同士の仕事の情報伝達、子どもの検温、

泣く子のおんぶ抱っこなどで全体的に大忙し

 

身体測定に慣れていて協力的な子や

キョトンとしていて あっさり測定できる子は

ごくわずかです

ほとんどの1歳前後の子どもたちは

計測器の前で泣いて じたばたします

 

時間と保育者の数に 余裕があるならば

優雅におこなえるけれど

残念ながら そうは問屋がおろさない

 

寝かせて身長を測る小さい子のときにしか

応援を頼めません

 

三度めの経験とは言え

わたしの奮闘ぶりは

我ながら スゴかったと思います

 

「○○ちゃん、“大きくなったかな“するよー。

まず オムツ替えようね。

よかったね~。きれいになたっよ。

さっぱりしたねー。

そしたらこんどはね、

ごめんね、ばんざいしてくれる?

“大きくなったかな“のときに

お洋服脱いでするからね。」

 

というような感じで しゃべりっぱなしです

そして泣き出したら なだめ

測定器の上で まっすぐしてもらえるよう

「あっ、▲先生のほう見て!  そうそう!

 ▲せんせ~、大きくなったかなやってるよーって

 見てもらおう🎵」

などと 工夫する知恵もついてきましたが

やはり いっぱいいっぱい…デシタ

 

“アタマまっしろ“ の瞬間がありました ( ̄0 ̄;)

 

最後に 記録を確認したら

わたしへの人見知りが長かった女の子、Oちゃんの

身長 体重の欄に ありえない数字が

書かれていたのです

 

疲労のピークだったのでしょう

子どもをあやしながら 

身長計の目盛り、体重の数字を読み取り

名前をまちがえないように

復唱しながら記録

これは 認知症予防には最適な

高度な 脳の使い方▪▪▪(゚∈゚*)))

わたしにとっては 普段はやってないムズカシイ仕事

 

Oちゃんはさっき 計測器の前で泣いたけど

もう一度 やってもらうしかない…!

肚をくくりました

「Oちゃん、ごめんね。さっき先生 失敗しちゃったの。

もう一度“大きくなったかな“やらせてもらっていいかな。

本当にごめんね。」

 

側にいたベテランの先生が 応援してくれました

「やったねー、Oちゃん。もう一回できるって。

ラッキー、あき子先生のところに行っておいで」

 

Oちゃんは あっけにとられた感じで

わたしにさっと抱かれ

さっき泣いた場所なのに

不思議と泣かずに 素直に応じ

無事に 測定しなおすことができました

 

感動しました

ほっと 胸を撫で下ろしました

 

ありがとう、Oちゃん▪▪

ベテランの先生を見習って

お話が面白くて いろんな楽しいことが

みんなと一緒にできる先生にきっとなる…✨

先生も みんなの優しさに

育ててもらってるよ

ありがとう

 

~~~~~~~~~~~

 

子どもたちの成長していく姿が

何よりの励ましであり 喜びです

 

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

 

f:id:meymon:20180418075707j:plain

 

 

 

 

 

 

股関節をほぐすって・・❓

ご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

昨日の記事の最後に

股関節をほぐしましょう

という 師からの提案を ご紹介しました

 

まず なぜ それが健康法と言えるのか 

その理由(- -私見です)

 

その次に

股関節にまつわる

わたしの体験談を 記します

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

関節と筋肉  たくさんあります

どれも もちろん大切

だけど 最大の関節  そして筋肉の集まり

と言ったら  股関節と 太もも(大腿部)です

 

そこを良い状態に していけば

からだ全体への効果が大きいので  効率がよい

 

脚の付け根には リンパ節や太い血管もあり

その辺りにストレッチで刺激を与えると

血液やリンパの流れが よくなる

 

関節の動きが滑らかで  痛みもなく動いてくれるなら

活動的に生活ができて   筋肉や代謝が落ちるのを防げる

ゆえに快活に 明るく過ごせる

 

要するに 元気になります❗️

 

<実践のためのキャッチコピー>  meymon 作

 

「二足歩行  土台が大事  股関節」 ( ̄0 ̄;)

 

「股関節  ケアして  健康▪健脚に」 (^▽^)

 

 

具体的には

開脚前屈“の姿勢 

これを 一日のどこかの時間に行う

習慣をつけたい-- -

 

 

続きまして  <体験談> です

 

あちこち不調のままで 暮らしてた

いわゆる“からだ暗黒時代“

股関節が痛むので しゃがめなくなったり

 

イスや畳の上から 立ち上がるときに

筋肉に痛みが走り「いてててて▪▪▪」と言わずには

いられなかった時期が ありました

 

❮あたしゃもう ヨボヨボのお婆さんなのかい⁉❯

と 心の中で  嘆いておりました。。

 

さらに暗黒時代には 闇雲なことをします

 あるときバレエダンサーのドキュメントを観たあと

思いつきで  開脚してみたところ

ムキなってしまい 太ももの後ろ側の スジを傷めました

(痛みは 歩くたびにあって 2年以上 続きました💧)

 

 かつてのような

失敗は  二度と繰り返したくはありません

 自分のからだの声をききつつ

1日 に  1ミリずつ

柔軟性をアップさせるイメージで▪▪▪

開脚前屈 ほぼ毎日いたします

 

先生は 「自分のからだと遊んで」

とおっしゃいます

 

業苦行でなく

楽しく遊んで  1ミリずつ柔らかく

自分のからだと あそぼう(╹◡╹)

 

 Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

 

f:id:meymon:20180417121754j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教わらないで 学ぶものだけど▪▪

ーご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

「氣功」は 教わるものではなく

学びとるもの だそうです

 

なんとなく わかります

言葉で説明され 

言葉(頭)で理解しても意味がない

 

そうは申しましても

敢えて言葉にして みますと

 (わたしの個人的な解釈にすぎませんが)

心身のバランスを調える“生き方術“

のようなものが氣功かな…と感じています

 

そして何となく

不老不死(⁉︎)だという仙人のイメージがあります

 

もし氣功の達人で 短命だった場合

調身 調息 調心 により疲れ知らずとなり

本来 肉体を労りながら活動すべきところを

うっかり 活動しすぎてしまったのではないか

と想像されるそうです

 

“術“は 何年もかけて師のもとで

身に付けていくもの

けれども

社会の変化が加速するなか

急いで身につけていきたい気持ちが募り

 

時代に即して

時間をはしょって学びとれるよう

「特別に」教えていただいております

 

 おかげさまで

少しずつですが  変身中の我が身。。

 

心身の不調、老化現象への不安と恐れ

その中にどっぷり浸かってしまい

整体の本を次々と買い込みながら

(何とか真実を見出し ここから脱出できないものか)

ともがいていた50代前半

 

そこからやっと抜け出し 生き生きワクワクに

向かおうとしている50代後半の今      *・'(*゚▽゚*)'・*:.。.

 

 

自分の振り返りのために

実践してきたことを ときどき記します

 

 

❮実践その1❯

「股関節ほぐし」

これが 健康長寿への第一歩……と教わりました

 

もちろん無理は禁物です

よい方向へ少しだけ  甘やかさず いい具合に

進めてあげるーーこれをほぼ毎日継続するだけ

 

楽しいです (((o(*゚∀゚*)o))) !

 

つづきを明日また▪▪

 

f:id:meymon:20180416123531j:plain

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

 

 

 

 

 

バネ指と50肩が治って1年

ご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

バネ指と50肩が 自然治癒して1年が過ぎ 

からだへの感謝の気持ちで いっぱいです

 

からだは 当たり前に動くものと

思っていた30代までは

年齢に伴う 老化現象について聞かされても

(関節の痛みって どんなものなのか?)

他人事のように受け止めていたものでした

 

40代のはじめでは 耳年増だったこともあり

体質が変化するという更年期を気にしてました

その頃は仕事と家庭で同時に 責任が重くなり

ストレスが重なったときで

 

ホットフラッシュや

涙がとまらなくなる症状が 出ました

 

そして

50歳のころには 更年期というよりも

職場環境のストレスに どう対処していくかに

心を奪われていた氣がします

 

不調は 主に皮膚と筋肉と関節に…

ついに からだの動かし方の歪みが 

あちこちに現れるようになりました

 

前職を辞め からだについて学ぶようになり

今は それらがだいぶ治ってくれて

お陰さまで すっかり元気になりました

 

セラピーヨガや 氣功 を通じ

からだを労りながら 動かし続ける

 

さらに

日々の生活が 修行となるように心がけ

調身▪調息▪調心 をすすめていくと

その先に直観するものがあるそうです 

 

そこで見えてくる“本当のこと“を

示してくださる人生の師がいます

 

一歩一歩 師を見習い

年輪を重ねるように 

人生を豊かにし

歩んでいきたいと思います

 

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

 

f:id:meymon:20180413214239j:plain