うたと からだと わたし

キャリアチェンジして1年 。数えで56歳▪保育補助員の日記です。

「人生の親戚」

ご機嫌いかがですか。

メイもんです。

 

 

「人生の親戚」という言葉を

思い出しました。

 

本の中で  出会いましたが

詳しくは 覚えておらず

 たしか

夏目漱石が  使った譬喩…

として紹介されていたような氣がします。

(間違っているかも しれません…。)

 

結婚してから 

親戚が増えて

そこから 感じることもあり

 

わたしにとって

印象に残る言葉に なったのでしょう。

 

人生に

付いてくる

悲しみ 苦しみ 傷 痛み…

そのようなニュアンスなのでしょうか▪▪。

 

思い出すきっかけになったのは

ある ブログを読んだこと。

 

そして 姪っ子が 最近

入籍をしたという話を

聞いたせいもあるのでしょう。

 

 

「人生の親戚」を

検索してみたら

大江健三郎氏の書いた小説の

タイトルになっていることを

知りました。

 

入門として読むのに

適しているそうです。

 

 

いつか 読み始めるかも

しれません。(▪▪予定は未定(゚∈゚*))

 

 

Have a nice day!

どうぞ すてきな一日を