うたと からだと わたし

キャリアチェンジして1年 。数えで56歳▪保育補助員の日記です。

「わたしって可愛い(´・∀・)」

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

少し前に「ことばは人からもらうもの」

と感じている旨のことを記しました

❮「『膝の気持ち』ということば」の記事デス…❯

 

それは それとして

さっき 洗面台の鏡を見たときに

自分から自然に湧いてきたようなことばも

あったなぁ…と思い出しました

 

~~~~~~~~~~

 

「わたしって可愛い(´・∀・)」▪▪

                 

10年前、会社のロッカールームで制服に着替え

"いざ出陣"のとき 細い扉の内側に取り付けられている

小さな鏡に映った自分に 毎朝そう言っていた

(もちろん声にはださずに)

 

その当時は

兎に角(… ̄(=∵=) ̄に角❕)

仕事がツラカッタ…

 

部署の異動をし

そこで初めての仕入れ担当

 

「なぜ未経験のわたしが?!」

気さくな雰囲気の初対面の同僚に

思わず呟いてみたら

「育成のためでしょ」

 

逃げられないし

頑張るしかなかった

 

家庭では

思春期の息子たち 

夫の会社廃業と再就職

 

自分が「大黒柱」の氣がしてた

 

"中年の危機"だったかな

健気に必死に生きてたかな

 

ちょうどその頃

親しかった同期の女性が 

昇進して間もなく

うつ病になり休職した。。

 

それが ふっと

"伝染"してしまいそうで

動揺もしていた

 

❬☆彼女は回復して

段階的に復職し

今年の年賀状によると

今も同じ会社で

元気に働いてます…!😊❭

 

自分が客観的に可愛いと

思ったことはない

 

むしろ様々なコンプレックスを抱き

高校生のころは

岩波新書の『コンプレックス』という

本などを読んだり

将来はカウンセラーになりたいとも

考えていた

自分が救われたかったから。。

 

 

それでも なぜか、なのか

それだから 敢えて、なのか

"自己暗示"として

そのセリフが 降りてきた

 

"ひたむきに働く子持ち職業婦人"という

少女漫画の主人公に自分を仕立てあげ

気持ちを奮い立たせ 明るく振る舞おうと

していたのかもしれない

 

 悩み多き思春期のころ

少女漫画に 夢や希望や息抜きを

求めていた思い出があるから・・

 

実際 素晴らしい脇役に恵まれ

理解ある上司のおかげで

1年で仕入れ担当から外してもらえた

 

その後 過去の数字の記載のことで

「土下座して謝ります❗」

と迷わず発言した場面もあったけど

「わたしって可愛い(´・∀・)」の

呪文が効いていて へこたれなかったなぁ▪▪

(単なるオバサンの逞しさ…?)

 

~~~~~~~~~~

 

10年前の自己暗示のクセは

今でも続いているようで

 

お化粧し終わって

笑顔をつくってみると

 

「あたしって 可愛い(´・∀・)」

という魔法の呪文が

脳内に響きわたります✨

 

❮顔のつくりのことではなくて

いのち輝く"存在"として可愛い

ということで▪▪( ̄∇ ̄*)ゞ❯

 

もしかして

そもそも  こういう現象は

自己暗示だとしても

そんな大げさなことでなく

 

出掛ける前には

 鏡で表情を確認し

「これで よし❗」と

外向けのスイッチを入れるという

 “社会的行為の範疇" なのかしらん?

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

f:id:meymon:20180516204206j:plain