うたと からだと わたし

キャリアチェンジして1年 。数えで56歳▪保育補助員の日記です。

声が出せない ( 自業自得 ・・)

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

f:id:meymon:20180918204226j:plain

現在 声が 出せなくなっております・・

人生で 4度目となる “アクシデント”であります

 

( 過去の経験が活かせていません。。

辛かった思い出・教訓のはず、なのですが… )

 

まったく、何ということでしょう

性懲りもなく、なのか

単に なりやすい体質なのか。。

 

ノドに痛みはないけれど

違和感があって

声帯に炎症を起こしたのだとわかります

 

原因は

エアコンの風を

顔に受けながら おしゃべりをしていたこと

 

しかも

耳の遠い 93歳の 父のために

みんなで 大きな声を出し合っていたのでした

 

そのあと

声が かすれはじめ

夜には 出なくなりました

 

職場の保育所では

にわかに 障がい者になったわたしを

驚きつつも 優しく受け入れてくださいました

 

言葉が 話せない 1歳児が多いから

気持ちとしては 救われます

 

3歳前後の子は はっきりと戸惑いを見せますので。。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

“ 時間もち” のためか

深読みするのを 好む傾向がありまして

 

“わたし、病気になりたかったのかなぁ。。”

と受けとめています

 

あのとき 妹が

「 エアコンの風が当たるから、こっちに座ったら?」

と声をかけてくれたのに  歩き疲れて腰が重くなっていて

《 “天邪鬼” が出て来てしまい (^^;;  》

「 大丈夫。ここでいい 」と言ったのでした…

 

素人ながら うたを歌う者として

声を大切に 考えている者として

不注意極まりないこと・やってはいけないことを

してしまったわけです。。

 

“平和ボケ”に似て

“ 健康ボケ ” していたとしか 思えません

 

時間もあって

環境にも恵まれているのに

保育士試験・学科と実技に向けての準備や

 

目指している、掃除しやすい片付いた部屋への取り組みが

いっこうに エンジンがかからずにいることに

( 家族との兼ね合いもあり 仕方ない部分もあるけれど )

 

我ながら 心の底で危機感を募らせていました。。

 

そんな自分に “ 喝 ” を入れたかったのか

 

氣功や ヨガに親しみ

サプリも愛用し 栄養や睡眠に氣をつけて

自分はからだを 大切にしている!と思っているけれど

それは うわべだけで

 

“実際には 体調管理への認識が 甘すぎるヨ ” と

からだが 知らせようとしてくれているのか

 

きっと その両方なのでしょう。。

 

熱もなく

からだは だるいわけではないけれど

もちろん 元気は出てきません

 

「 引きこもり 」してます

こうして 文章を書くことが 慰めです

 

声が出ないことを 打ち明けないでおこうかとも

考えていたけれど

やっぱり 書いてしまいました。。

 

お粗末さまで ございます   m(_ _)m

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

《 追伸 ;  「病気になって 気づく健康のありがたさ」

    そして 

   「 声が出せなくなって 心底おもう声の出るありがたさ 」

 

     普通に 声が出てくるって すごいことだなぁーー

     声が出ない“悲しさ”と 貴重な今を とことん味わいます(╹◡╹) 》