うたと からだと わたし

キャリアチェンジして2年。数えで57 歳 ▪ 保育補助員の日記です。

「 時間 」のこと。。( ツブヤキ )

ご機嫌いかがですか

メイもんです

f:id:meymon:20191115210800j:plain

キラキラした水面に カモさん二羽。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

家で ボーッと過ごした日、

「 時間 」の不思議について

 ゆらゆらと 想いをはせることがある…

 

想ってみても

進歩はなく 物語も生まれず

わからないことを ただ味わっている、

わたしにとって ヒマ潰しの遊びのようなものなのだろう。。

 

関心を抱いてはいるので

時間というものを論理的に解説した文章を

何度か 読んでみたことはあると記憶している

 

( アインシュタイン相対性理論

 できるだけ 噛み砕いて書かれたものとか、

 哲学者が 一般人向けに書いた新書とか・・)

 

ミヒャル・エンデの「 モモ 」は

いつだったか 一度だけ読んだ…  ( 本棚にあるはず ) 

 

最近では

読んだ新聞のコラム中で

「 意識を照らした場所に  時間がある 」

 

…というような表現が 印象に残ったのは確かだった

(  内容はうろ覚えです… すみません m(_ _)m  )

 

そう考えると 睡眠中は

「 時間 」とのお付き合いも

お休みしていると言えるのかもしれない・・

 

◆◇◆◇◆◇

 

記憶というものは 曖昧だし

脳が作り変えてしまっている可能性もあるけれど

わたしが大切に 記憶の引き出しの奥にしまっているものがある

 

およそ50年 前の小学生のとき

「 時間 」のことを想った…というエピソードだ

 

ある日、観光のため 家族と一緒に

京都の清水寺へ向かう坂道を歩いていた…

 

わたしにとって

その観光地と坂道は

人生初の環境( 雰囲気 ) だった

 

突然「 今、ここにいる!」ことを

何故だか 強烈に感じた。。

 

同時に

何年も経ったあとで きっと自分は

この時「 今、ここにいる 」と思ったことを

思い出すだろう…という考えが浮かんでいた

 

そして

今 こうして思い出している・・

(  初めてでなく、何度目か … ) 

 

そういうことがあったせいで

たまに 「 時間 」のことを想うのかもしれないし

単にそういうクセが ついているだけなのかもしれない・・(・∀・)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

お読みいただき ありがとうございます

 

Have a nice day!

どうぞ すてきな一日を