うたと からだと わたし

キャリアチェンジして2年。数えで58歳 ▪ 保育補助員の日記です。

「 エイジングパラドックス 」という現象。。

ご機嫌いかがですか

メイもんです

f:id:meymon:20200304091344j:plain

実家のおじいちゃんネコ“ ちゃ”


 

姉から聞いた、

姉の義理のお母さん( 85 ) の近況は・・

 

骨粗しょう症 →  昨秋、自宅で転倒 →

骨盤の骨折 → 入院、安静で骨盤は回復したものの

飲み込む力の低下で 誤嚥性肺炎を繰り返す →

 

飲み込む訓練は継続するが、胃ろうを決意 →

今週、胃ろうの手術をし、体調が安定したら

有料老人ホームへ入居予定。。

 

もう4ヵ月以上の入院生活ながら

驚くことに、本人はリハビリの意欲が高く、

5月の連休あたりには自宅に戻るつもりだ…という希望を

おっしゃっているそうです

 

飲み込む力をつけ、胃ろうも閉じたいし

車イスに自分だけでも 乗れるようになるのだと。。

 

素晴らしい氣力の持ち主です

( 終戦後10歳で“ 大陸から引き上げた” 経験をお持ちだそう… )

 

◇◆◇◆◇

 

新聞のコラムで

「 エイジングパラドックス( 加齢の逆説)  」

のことを知りました

「 高齢になって様々な喪失体験をするにもかかわらず、

 人生に対する満足感やポジティブ感情が高いことを表す言葉 」

なのだそうです

 

コラムの一部を転記します

( 認知行動療法研修開発センター 大野裕 さん執筆 )

 

「 つらくなるような体験をしたときに

 ネガティブに考えるのは自然な心の動きだ。

 

 一方で、これまでの経験や知識を生かして、

 今後の可能性を考え、ポジティブな状況に

 変えていくように工夫することができる。

 

 多くのことを経験し、

 苦しい状況を乗り越えてきている高齢者は、

 困った状況を切り抜ける工夫の材料になる体験が、

 若者に比べて多いと考えられる  」

f:id:meymon:20200303143734j:plain


 ◇◆◇◆◇

 

明るく強くたくましく

自分の人生を歩んでおられる、

両親や、身近に接している先輩方に

たくさんの勇氣と希望を いただいております(╹◡╹)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を