うたと からだと わたし

キャリアチェンジして2年。数えで58歳 ▪ 保育補助員の日記です。

幸せ感じる ♡ ピンク色

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

歯科医院の帰り道、

半袖姿の子もいる陽気でした

小学生が元氣に遊ぶ公園の角を曲がってみたら・・

f:id:meymon:20200313151859j:plain


咲き誇るピンク色のみずみずしさ・・

息をのむ美しさに感動し 胸がいっぱいになりました 

 

ご覧いただき ありがとうございます  m(_ _)m

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

松尾芭蕉 「 奥の細道 」より

 

草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家

 

《 現代語訳 》

わが家よ。主人が代わるぞ。

世捨て人のわびしい草庵であったが、

今度は女の子のいる家族だ。

春にはお雛さまが飾られ華やぐだろう。

( 3月27 日以前・ 芭蕉庵にて詠まれた句. )

f:id:meymon:20200314090542j:plain

「 私(  瀬川照子氏 ) は大学時代に『奥の細道』に出会って以来、

  長年にわたって芭蕉と付き合ってまいりました。

  どれだけ読んだことでしょうか。

 

  そのとき、そのときで生きるということに対する思いが

  変化しますので、読むたびに新しい側面が見えてきます。

 

  芭蕉は、人間も、動物も、自然もすべて、

  大調和のなかにいると考えていました。

 

  その調和を崩さないように生きることが、

  最も人間らしい生き方であるという芭蕉の思いが、

  今よく見えてきました。 」


※「  えんぴつで脳を鍛える なぞりがき 奥の細道   」

(  監修 瀬川照子 宝島社  )  より転記させていただきました m(_ _)m

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を