うたと からだと わたし

キャリアチェンジして5年目。もうすぐ還暦。 ▪ 保育補助員の日記です。

直りつつある わたしの「 反り腰 」①

ご機嫌いかがですか

メイもんです

f:id:meymon:20191006204715j:plain

よく寝るから “ ネコ ” なのでしたっけ 。。

クセなっていた、わたしの「 反り腰 」が

やっと 直りつつあるようです

 

小さなスタジオの先生 ( 70歳 男性 ) が

「 健康体操ストレッチ 」のレッスンのときに

バレエの基本の、体幹を使った姿勢を教えてくださいます

 

3〜4人の少人数クラスなので

そこで 週一回  「 反り腰 」の矯正を指導して頂き

少しずつコツがつかめてきたのです

 

…………………

 

3年前まで

立ち仕事を長年続けていたために

「 反り腰 」が 強固になったと感じます

 

趣味の声楽の個人レッスンでも

歌う姿勢を よく注意されていました

 

「 反り腰 」という言葉ではなかったですが

真っ直ぐでなく 腹部が前に出ている =「 反り腰 」

ですので 同じ意味なのでした

 

「 みぞおちが 出てる 」

「 胃が出てる 」

 「 肛門しめて 」

「 中心しめて 」

などの表現で ほぼ毎回 言われました。。

 

とにかく 良い姿勢になることが

難しい、上手くいかない、何だかよくわからない。。

クセというのは 本当に 曲者ですね・・  (^_^*))

 

だいぶ 反り腰が 直ってきた今から思うと

「 あー、全くわかってないね〜 」

とボヤいてみたくなる感じです

 

わかってないから

自分で直せないし、指導されても出来ない…

 

今は 何となくでも

わかってきているから

先生に直していただくことで

クセを取る方向に 進めていると思います

 

では、

何がわかれば良かったのか。。

 

「 重心を丹田に感じて立つ( 歩く ) 姿勢  」です

 

自然体であることの 心地よさ、安定感、

どっしりと構え 大地に根ざすような感覚を

わかっていなかったのです

 

変なバランスが定着してしまった姿勢は

筋肉を 無駄に緊張させていました

 

そのせいで

初期には筋肉の痛みの感覚があったものの

やがて固まって マヒしてしまい、「 慢性緊張 」状態に・・

 

あちこち コチコチの身体で

だましだまし 働いていたのでした

 

心もからだも 無意識の部分では

きっと 窮屈さを感じていたはずです

( 頑張り屋なので それに氣付こうとしなかっただけで … ) 

 

どうすれば そこから抜け出せるのかもわからないまま

いたずらに時は 過ぎていき  誠に残念なことに

「 我慢しすぎ 」の人になっていました

 

(  わたしの身体をみて 仰った整体の先生の言葉です ) 

 

続きは 後日に 記します  m(_ _)m

 

Have a nice day !

どうぞすてきな一日を