うたと からだと わたし

キャリアチェンジして5年目。もうすぐ還暦。 ▪ 保育補助員の日記です。

慰めとなるもの。。( ツブヤキ )

ご機嫌いかがですか

メイもんですか

f:id:meymon:20200706153356j:plain


先月より開始した、

モノの整理・取捨選択・・

残したいものを絞り込み

手放すものを適切に 処置するのは

ため込んでしまったゆえに 時間がかかります…

 

先日は、写真を撮り

手放すと決めた思い出の品を

 

間際になって資源ゴミの袋から

“ 救出 “ するという出来事もありました・・(・∀・)

 

劣化していくものなので

手放す必要は感じているのだけれど

まだ、しばらくは置いておこうと決めたのでした

 

わたしは相当な

” 寂しがり屋 “ なのだろうな。。

 

《 誰もが心の奥底に

  ” 生きるかなしみ “ を持っている

 

  お母さんの胎内から

  誕生して以来の” 寂しさ“を 抱えている…  》

 

いつのころからか、

そう思うようになりました

 

寂しさがあるから

人は 人との関わりを求めます

 

そして

人生のパートナーを得たり

愛する我が子を育てる決意をしたり・・

 

天命を知って

そのことに尽くしたり・・

 

◇◆◇◆◇

家族・身内の存在は

自分とは切り離せない…

 

自分の一部なので

” 身内 “なのですね。。

 

まだ経験していないのですが

身内を亡くしたときのキズ( 喪失感 ) は

“ 時間くすり” がないと 癒やせない氣がいたします…

 

・・・・・

 

身内以外の、

自分の外側にあって

慰めを得ているものを想いました。。

 

🔹となりの実家の父( 95 ) の、

 寂しさを慰めていると思われるのは、

 一番は、何十年と ためてきた沢山の本やネガフィルム…

 

 それから 小さな庭を含む、自分の城である自宅…

 特に、桜並木の借景が楽しめる書斎が お氣に入りです 

 

🔶母( 85 ) のそれは、なんと言っても

 2匹の年老いた飼猫と 世話している庭の植物たち…

 

 ♦️そして

 大人になってからの

 わたしの寂しさを慰めてくれるのは

 

 前職のときは、趣味の声楽が大部分でしたが

 現在は 転職後に始めた、この ” はてなブログ “ の 読み書き…★彡

 

 みなさまのおかげで、続けることができています

 お付き合いくださって、本当にありがとうございます m(_ _)m

 

 身の回りのモノで言うと

 好きな洋服・アクセサリー・本・絵・思い出の品…

 

 子どものころは、

 とにかく ぬいぐるみが一番だったなぁ・・

 

 でも、きっと

 今の生活のなかで 何よりも

 わたしの寂しさを慰めてくれているのは

 職場の保育所の、可愛い幼な子たちの存在です・・( ˘ω˘ )

 

 生き生きとした素のまま、

 自然体の姿を 表している乳幼児…

 

 そんな素晴らしい子どもたちと触れ合い

 保育する仕事に 癒やしを得ていると感じます

 

 再び、感染拡大防止のため

 緊急事態となってしまわないように

 氣を引き締め、健康と平安を祈るばかりです…

 

◇◆◇◆◇

 

自宅のモノは、

まだまだ整理しきれておりません (*^_^*)

 

あせることなく、

でも、しっかりと着実に 

残したいものだけを 選び取っていきたいと思います

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「 365日 名言の旅 世界の空編 」 7月7日のページより

f:id:meymon:20200707052056j:plain

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を