うたと からだと わたし

キャリアチェンジして3年半。数えで59歳 ▪ 保育補助員の日記です。

“ 酷い現実 ” を 愛で受けとめた人。。

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

新聞のコラム記事の中で

9歳の時に 父親が銃撃されるのを目の前で見た、

カトリック修道女の渡辺 和子さんの言葉を読みました

 

◇◆◇◆◇

 

 ( 2021年 2月6日( 土曜日 )  日本経済新聞  )

f:id:meymon:20210227193126j:plain
 

記事の一部を

抜き書きします m(_ _)m

 和子は1927年( 昭和2) 年2月、旭川市で生まれた。

長子である姉とは22歳の年齢差があり、間に兄が2人いる。

陸軍第七師団の師団長をつとめていた錠太郎は当時52歳。43歳になって

いた母が遅い出産をためらうと、「 男が子を生むのならおかしいが、女が生

むのに恥ずかしいことがあるものか 」と言ったという。

 

「 生んでおけ、と父が言ってくれたおかげで私は命をもらいました。そし

て、9歳までに一生分愛されたと思っています 」

 

 その娘が、父の凄惨な死を至近距離で目撃したのだ。これほどむごい話があるだろうか。

 

 だが和子はこう言った。

「 いいえ、私はあの場にいることができて本当によかった。

私がいなければ、父は自分を憎んでいる者たちの中で死ぬことになりまし

た。私は父の最期のときを見守るために、この世に生を享けたのかもしれな

いと思うときがございます。 」

 

父から“ 命をもらった” 娘の、

親子の愛情の深さ、絆の強さが

和子さんを そのような思いに導いたのだと思います

 

そして、

充分に愛された命の持ち主は

 

透き通った眼差しと しなやかな強い心を持って

耐え難い現実さえ 受け止める力を秘めている...と 感じたのでした。。

 

f:id:meymon:20210227213326j:plain

 

◇◆◇◆◇

 

悲しげな響きの

ウォンさんの美しい音楽を

YouTubeからお借りして載せます m(_ _)m

youtu.be

誰もが経験する やるせない気持ちに

静かに寄り添い、慰めてくれるような温かさがあふれています。。

 

**********************************************************************

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日一日