うたと からだと わたし

キャリアチェンジして5年目。もうすぐ還暦。 ▪ 保育補助員の日記です。

父( 96 ) の語ったこと。。

ご機嫌いかがですか

メイもんです

f:id:meymon:20211205082022j:plain

昨日は

となりの実家の母 ( 86 ) が

ひとりで 鍼療院に出かける日でした

 

わたしが先週

お世話になっている鍼の先生に

母のことも診てほしいとお願いし、

 

わたしが付き添い

初めて鍼などの施術を経験した母は

すぐに先生を信頼し、通うことにしたのです

 

母は、腰椎滑り症からくる、

坐骨神経痛が 先月より顕著になってきて

費用を惜しまずに治療する氣になってくれたのでした

 

というわけで

父 ( 96 ) が ひとりで留守番している間

いつもより長い時間、父の話を聴くことができました ( ^ω^ )

 

f:id:meymon:20211205084319j:plain

*******

父は、先月下旬に

お風呂の洗い場の低いイスから

滑り落ちて尻もちをつき、母に助け起されました

 

その事故をきっかけに

要介護の認定を受ける手続きを進めており

先日、自治体の担当者による面接を終えたところです

( わたしは その面接には 同席しませんでした )

 

そのとき

どんなやりとりがあったのか、

父は自分の感想も交えて説明をしてくれました

 

その他の話題で

家の修繕についてや

デイサービスの様子を聞いたあと、

 

わたしは用意しておいた質問を

( 父の耳が遠いので ) 紙に書いて見せました

 

「 お父さんの

  祖父母4人の名前を

  文字に書いて教えてください 」

 

( 家系図のない、庶民の家なので。。)

 

すると、

一人の祖父( わたしの曽祖父 )の

“ ◯太郎” という名前のみ 書きました^ ^

 

自分の父親と

母系の祖父の名前が “ ◯太郎 ” で

 

偶然にも全く同じ文字と読みだったので

その名前だけは 印象深く覚えていたようです

 

この質問を緒にして

父は子ども時代の思い出を 語り出しました

f:id:meymon:20211205090249j:plain

その中で

わたしの心に響いたのは

父の「 苦しかった 」という表現です

 

父は小学校の成績が優秀で

当時の名門校に進学したのですが

 

そこで初めて 出自について

周りと比較し“ 苦しかった ” のだそうです

( “ 思春期あるある ” 物語だと思いました (^_^*))

 

父の口から出てきたのは

「 ( 両親が ) 田舎の農家出身で

  東京や進学のことを まるで知らない 」

 

「 貧乏 」「 金持ち 」、

そして「 出世 」という言葉でした

 

要介護認定を

受け入れる心持ちになった、

 

96歳の父だからこそ、

若い時分の素直な胸の内を

こんなふうに 娘に話せたのでしょう。。

f:id:meymon:20211205095128j:plain

 

*******

 

大正14年生まれで

人生の太い柱を 昭和の時代に築き上げた父。。

 

父の両親( わたしの祖父母 )は

関東大震災の直後に結婚しています

 

すぐに長男である父が生まれ

6人の子どもを 東京で育てました

 

(  祖父が警察官で

 上京したての祖母が

 池袋で道を尋ねたのが出逢いだった、と

 ずっと以前に、叔母から伝え聞いております )

 

わたしのルーツ、

ファミリーヒストリー

 

父の肉声を通じ、肌で感じられるのは

有り難く幸せなことだなぁ...としみじみ思うのでした

 

f:id:meymon:20211205095739j:plain

ご覧いただき

ありがとうございます m(_ _)m

 

****************************************************************

Have a nice day!

どうぞ すてきな一日を