うたと からだと わたし

キャリアチェンジして5年目。もうすぐ還暦。 ▪ 保育補助員の日記です。

曇りの日の花 / “ ある日突然✨” だったかも。。

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

今日の仕事帰りに出会った、

道行く人にアピールしていた花を 並べます^^

f:id:meymon:20211206144745j:plain

 

f:id:meymon:20211206144805j:plain

 

f:id:meymon:20211206144818j:plain

薄明かりの

曇りの日の花の様子も

落ち着いた雰囲気でいいなぁ...と思うのでした^ ^

 

◇◆◇◆◇◆◇

 

f:id:meymon:20211206151520j:plain

先日も抜き書きをした本、

三枝 誠 著「 整体的生活術 」より

立ち方についての文章を 下の方に載せます m(_ _)m

 

姿勢について学び

自然な立ち方を意識するようになって

数年の歳月を経て今、習得した感覚があるのですが

 

少しずつ身についたのではなく

コツコツと稽古を重ねて、“ ある日突然✨できた❗️”

という感じだったかも。。と、下の文章を読んで記憶を辿りました

 

思い返せば

“ 子ども時代” というのは

様々な稽古の連続だったのですね。。

 

7〜8歳の頃、

鉄棒で逆上がりをやろうとして

なかなかできず、何度も何度もチャレンジして

 

ある瞬間に突如、

“ あれっ、できた〜❣️ ” と感動して

大喜びしたことも 思い出したのでした (*^ω^*)

 

*******

 

 人間はまず、きちんと立たないといけない。

立つ時に必要な筋肉というのは意外にも横隔膜ですが、

立っている時にはこの横隔膜が下がります。

 

横隔膜が下がると、体液の圧力が腰を守る。

ところが、横隔膜は気持ちが萎縮した時には、

上に上がってしまうんです。

 

萎縮したり緊張した時にドキドキするのは、

横隔膜という筋膜が上がって心臓に近づくためです。

 

これを意図的に下げるには、稽古しかありません。

そしてなおかつ、肛門を締めます。

これで初めてきちんと立つということができるわけです。

 

ただし、横隔膜も肛門も不随意筋ですから、

何遍もイメージしながら反復練習して、

ある日、突然できるようになるという方法論しか残されていません。

「 人は、稽古によって人になる 」と私は思っています。

 

◇◆◇◆◇◆

 

転記は以上です

引用の操作を終えたいのに

なぜか指で触る部分が出てこなくて

こんなふうになってしまいました。。(´;ω;`) すみません

 

********************************************************************

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を