うたと からだと わたし

キャリアチェンジして5年目。もうすぐ還暦。 ▪ 保育補助員の日記です。

新たな出逢い♪

ご機嫌いかがですか

メイもんです

いろいろな偶然が重なって

先月、自宅から徒歩10分の音楽教室の存在を知り

ホームページから無料体験を経て即、入会いたしました(^ν^)

 

ボイストレーニングをしてくださるのは

音大で声楽を学んだ後、オペレッタ劇団四季の舞台で

プロとして活躍し、ボイストレーナーの経験も積んでこられた女性です

 

おそらく50代前半くらいで

幅広い音楽のジャンルに関わっておられます

 

教室の内装デザインは

明るさと落ち着きを兼ね備え

ご自分の夢を実現させた音楽教室。。

 

初めてそこを訪れたとき

先生の描くイメージに共鳴し

心から仲間に入れて頂きたいと思いました^^

 

プロの歌手のご指導のもと

レーニングできるのは3年ぶりで

嬉しくてうれしくて興奮しているワタクシ・・(*^ω^*)

 

2回目のボイトレでは

千と千尋の神隠しの主題歌、

「 いつも何度でも 」を練習する予定です♪

 

カルチャースクールの

( マスクして ) コーラスの次回の曲なので。。^ ^

 


www.youtube.com

 

今のわたしの心境に

ぴったりの歌...かもしれません

 

“ 生きている不思議、

   死んでいく不思議。。” 

 

高齢の両親を見守り

いずれ見送るという仕事は

 

そのことを

身近に感じさせてくれます

 

“ 輝くものは、いつもここに

  わたしの中に 見つけられたから ” 

 

わたしは きっと

この歌を 歌いながら

心の豊かさを育んでいくことでしょう。。

 

**********************************************************************

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

“ 人生の親戚 ” と思う。。

ご機嫌いかがですか

メイもんです

どのくらい前だったか、

“ 人生の親戚 ” という表現を

何かの本の中で知って以来、忘れられません

 

わたしの受け取った

その言葉のニュアンスは、

 

人生を歩む中で 時にのしかかってくる、

“ 人間関係の重苦しさ ” ... みたいな感じです( ̄▽ ̄)

 

もし、それを感じることなく

身軽で、スッキリさっぱりしていたら

 

.“ 重苦しさ ” とは真逆の、

“ 存在の耐えられない軽さ ” に

虚しくなって 打ちひしがれてしまうのかも。。

 

*****

 

97歳と87歳の両親は

おかげさまで 何とか二人で暮らしています

母の足の組織の生体検査の

手術のための入院予定は保留中です

 

循環器科・皮膚科・整形外科の

医師たちの見解をまとめてからなのだそう。。

 

築59年のとなりの実家の

両親の暮らしを支援する中で

 

多過ぎるモノの片付けについて

娘たちは ラインなどで話し合っていますが

 

父の、あちこちにある蔵書や

新聞など印刷物の切り抜きへの執着は 強く

茶色く変色したものでも処分することに 納得しません

 

( 何年前だったか、ヒマな父は

  サンルームに本棚や収納家具を5つ以上運んできて

  そこに古い本や雑誌を詰め込んでいて、酷い有り様です.. )

 

そんな実態に

困り果てた娘たちは

ため息ばかりついております。。

 

父は 脳の機能が衰えて、なお一層、

「 “ 三つ子の魂 ” 、97までも・・ 」 です!

 

モノだらけのせいで

風を通す窓やドアも ふさがれて

 

澱んだ空気の実家へは

行くのも嫌になり 辛いのですが、

 

“ 人生の親戚 “ を

味わっている最中なんだ、と

高所から自分を 眺めるようにしています ( ˘ω˘ )

 

趣味のボイトレや

ピアノやコーラスで英気を養い

 

負けない心を復活させて

三姉妹で知恵を絞り 力を合わせ

元気を出して 前を向いて進んでいきたいです (*^ω^*)

 

********************************************************

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

 

 

 

とりあえず 母 退院 (*^ω^*)

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

◇◆◇◆◇

 

昨日、母 ( 87 ) が

とりあえず退院しました

 

整形外科での

蜂窩織炎の点滴治療は終了して

別の病院の皮膚科を紹介されたのです

 

入院していた

地元のかかりつけ病院は

皮膚科に常勤の医師がいないため

 

タクシーで片道2000円以上かかる、

少し大きな病院で診察を受け、検査中です

 

来週に予約しているCT検査からも

もし診断がつかなければ、生体検査となります

 

その場合、麻酔を使った、

幾分大がかりな検査なので

皮膚科に数日 入院するとのこと。。

 

今のところ、

母は元気で 食欲もあり

その意味ではホッとしています

 

治っていない足の症状は

足首や甲、すねの部分の皮膚の赤黒さや硬さ、

歩くとチクチクと痛みが出ると..というものです

 

過去20日間の入院中に

リハビリの時間もあったそうですが

少し痩せてしまい、筋力も落ちたもよう。。

 

本人も家族も

ちょっとした大変さが

この先も 続くのでありました・・(*^_^*)

 

********************************************************

Have a nice w!

どうぞ すてきな一日を

 

 

 

 

5月の実家の花^^/ 三姉妹

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

実家の庭の

美しい花を写しました

 

蜂窩織炎を患い

治療のため入院中の母( 87 ) へ

一生懸命に エールを送っているよう。。

 

 


雨上がり✨


木戸の手前の段差のところに

手すりを設置しています。。3〜4年前だったかなぁ...

 

ご覧いただき

ありがとうございます m(_ _)m

 

◇◆◇◆◇

 

いまだに

母の足の症状はとれず

退院の見通しの立たないまま・・

 

となりの実家に住む97歳の父と

保護歴19年の老ネコ2匹との暮らしは

 

3人の娘たちに支えられ

はやくも半月を 過ぎました

 

父もネコも

娘たちもみな

ストレスを抱えていますが

 

話し合いながら

現状とこの先に 適応しようと

それぞれの立場で 頑張っているところです

 

姉 ( 62 ) と妹 ( 56 ) は

母の携帯からの電話の声と

父のかすれた声の話を両方 聴く中で

 

両親の 特徴である、

想い合っていながらも

夫の、妻の、“ 陰口を言う “ 展開に

 

“ どういうこと? ” と

わたしに 訊いてくるので

わたしは二人に 心理の解説をしました (・∀・)

 

“ 人間関係 ” に関しては

長年の両親の不仲をきっかけに

学ばせてもらったことも大きいと思います

 

愚痴を聞かされつつ

いろいろと散らかった、

実家の手助けをする中で

 

“ 息苦しく、

 耐えがたい “ と感じることも

 

三姉妹の” 多様性 “ で

補い合い 力を合わせるので

どうにか やっていける...と、思うのでありました  ( ˘ω˘ )

 

**********************************************************************

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

4度目の “ 心の危機 “ 。。

ご機嫌いかがですか

メイもんです

◇◆◇◆◇

 

受診 ( 治療 ) は しませんでしたが

” あの頃はきっと 軽度の精神疾患だった “ 

と考えられることが、これまでに3度ありました

 

❶ 思春期に現れた

 潔癖症のような症状や

 髪の毛を抜いてしまう神経症

 

❷ 初めての出産後の

 マタニティブルー ( 産後うつ )

 

❸ 40代の 中年になって

 各方面で 社会的責任が重くなった時に

 

 ストレスが重なって

 職場で涙がとまらなくなったり

 

 円形脱毛が起こった 、“ 心身症 ” の状態

 ( 当時の勤務先の産業医の勧めで

  社内のカウンセリングを一度だけ受けました )

 

いずれのときも

大きな困りごとにはならず

“ 軽症 ” のまま 自然治癒ができて

運が良かったのだなぁ...と感じています。。

 

思い起こせば

中年のころについては

うつ病で休職した同僚が身近にいて

 

心に重くのしかかってくる

辛い出来事と感じていたのでした。。

 

というわけで

動画のタイトルを見て なんとなく気になって

とある精神疾患に関するYouTubeを 視聴しました

 


www.youtube.com

 

◇◆◇◆◇

 

これまでの

60年の人生の歩みの中で

 

成長の過程や 立場や役割が変わるときに

心の危機が訪れていたのだなぁ...と思います

 

そして今、

わたしは 老年期にさしかかり

4度目の危機を迎えているのでしょう

 

自分自身の

心身の状態とともに

家族関係も見直していく変わり目です

 

となりの実家でネコと暮らす、

両親( 97と87 ) の今後の生き方に

姉・妹とともに関わっていく段階に入りました

 

思考力や判断力、体力が衰え

最晩年を過ごす親の生活を 子が導く・・

 

いよいよ

その時期が来たのです

 

義理の両親を見送り

その住まいの後始末も経験した姉や

健康に関する知識が豊富な妹がいて心強いです

 

わたしは恐らく、

アレルギー体質のせいで

 

モノが多すぎて  風通しの悪い実家に行くと

防御反応なのか、息がつまり心身が緊張します

 

それを理由に

実家の掃除や モノの整理は

働き者の姉に頼ってばかりの現状です

 

姉と妹が そんなわたしを許してくれて

優しく接してくれることに感謝しています

 

衣食住の全てにわたり

母に頼っていた父ですが

 

自宅で一人になっても

相変わらずに、食欲は旺盛です

 

わたしたちの用意した食事のほか

ジュースや大好きなお煎餅で栄養を補充 ❗️(*☻-☻*)

 

デイサービスは欠席していますが

ネコたちに 適時・適量のエサを上げることと

( 残念ながらネコトイレの管理は体力的に無理のもよう。。)

 

2階の、元 子供部屋の2つの書斎と

下の和室や居間など 合わせて8ヶ所の窓の

雨戸の開け閉めをすることが 脳トレや運動になっています

 

母は毎日病院から

携帯で電話をかけてきます

 

病院の食事が美味しいことや

入浴やリハビリの話など話題も豊富。。

 

その声は明るくて 張りも感じられるので

3人も娘がいて心強いのだろうな..と想像するのでした。。(*^ω^*)

 

母の退院の日も決まらず

父とネコの生活の お世話の続く、

いまだ見通しの立たない日々ですが

 

家族で助けあい

人生経験や 持てる力を活用し

心身のバランスをとっていこうと思います

 

*******************************************************

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を

 

 

のどかな風景 / 気丈な両親 ^^

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

ピアノ教室の

帰り道の風景を写しました^^

 

子どもの日の前に

毎年 飾られる鯉のぼり🎏!

西の空の方を写すと こんな色合い 。。

 

“ 順光 “ というのかしら?

西陽を背にすると こんなに明るい✨

 

川沿いの遊歩道の

プランターの花もキレイです

 

平和で穏やかな午後...

恵まれた環境に感謝します  ( ˘ω˘ )

 

“ 逆さ鯉のぼり ” が

川を 優雅に泳いでいます〜^ ^

ご覧いただき

ありがとうございます m(_ _)m

 

◇◆◇◆◇

おかげさまで

入院中の母 ( 87 ) も、

 

となりの実家の父( 97 ) も

逆境をたくましく乗り越えようとしています

 

2匹の老ネコたちは

( 元々はネコ好きではなかった )

父にも甘えて 寄り添うようになりました

 

(  両親の老後の暮らしを

 19年前から共にする家族です(=^ェ^=) )

 

母の病状は

複合的なものですので

スッキリ良くはなっていません

 

入院して一週間ですが

主治医の言葉によると、退院の見通しは

 

「 あと 一週間くらいかな 。。」

だそうで、はっきりしないのは当然のことでしょう

 

今の、過ごしやすい季節だから

実家の父とネコは、手助けを受けて

なんとか無事に 暮らせていると思います

 

もし、入院が真夏や真冬だったら

誰もが ストレスが大き過ぎてしまう。。

 

両親とネコのことは、

つくづく“ 難題だなぁ・・” と思います

 

わたしたち

三姉妹で 知恵と力を出しあって

“ 軟着陸 ” となる解決策を 探していきたいです

 

****************************************************************

Have a nice day!

どうぞ すてきな一日を

 

 

母 ( 87 ) の入院

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

◇◆◇◆◇

 

昨日、母が入院しました

蜂窩織炎 ” の治療を行うためで、

抗生剤を毎日、一日三回 点滴します

 

母の足の浮腫みと赤みが酷くなって

ネットで調べて “ 深部静脈血栓症 ” かと推測し

予定よりも早く、かかりつけの循環器内科を受診したのです

 

足の新たな症状について

母が待合室で問診票を記入していると

 

ベテランの看護師さんが

特別に 母の足を診にきてくれて

“ ホウカシキエン ” という病名を教えてくれました

 

初めて聞いた言葉なので

とりあえずメモしておいて

帰宅後に  “ 蜂窩織炎” について 調べました

 

病名の他にも

担当が整形外科だということで

院内紹介されたのも 意外なことでした

 

しかも、整形外科の医師いわく

母の足の、視診のみでの診断は難しいとのこと。。

 

ただし、蜂窩織炎

命にも関わる病気なので

入院治療するしかありません

 

しかしながら

他にも原因があり得るため

 

結果が思わしくない可能性もあり、

その時は 血管外科のある病院へ移ることになります

 

なので、今現在は

なんとも落ち着かない状況です・・

しかしながら

戦前生まれの母は 気丈な女性✨

 

入院の際に

いくつかの書類を

わたしが記入したのですが、

 

既往歴など個人情報報の用紙の

性格を書く欄に“  明るい。さっぱりしている ” 

と 枠内に収まる内容で 書かせていただきました^^

 

母は、血管が細く

採血や点滴の時には看護師さんに

いつもご苦労をおかけしております

 

本人も辛いことですけれど

明るくて、さっぱりした性格なので

付き合いやすい患者だと感じていただけるのでは。。

 

病院の看護師さんたちは

スキルや経験に 個人差があるのでしょうが

みな優しく温かいお人柄でしたので安心しています

 

薬が効いて 母の病状が、

良くなることを祈っています

 

となりの実家の父 ( 97 ) と

老ネコ2匹の生活のお世話を

三姉妹で力を合わせて 頑張りたいです  ٩( 'ω' )و

 

***************************************************************

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を