うたと からだと わたし

キャリアチェンジして5年目。もうすぐ還暦。 ▪ 保育補助員の日記です。

晩秋の 静かな午後。。

ご機嫌いかがですか

メイもんです

 

おかげさまで

晩秋の午後を 静かに

ゆったりと 過ごしております...( ˘ω˘ )

 

◇◆◇◆◇

 

輝く夕陽と

枯れてゆく柿の葉・・

( 我が家のベランダから となりの実家の庭を撮影 ^ ^ )

f:id:meymon:20201115145134j:plain

 

◇◆◇◆◇

 

場面は変わりまして

タンスの上の小物入れ ( 以前の職場の百貨店で購入 )

f:id:meymon:20201115145255j:plain

 

さらに小さな小物入れ 

(  おしゃれなリサイクルショップで購入 )

どちらも一目惚れでした..  細いネックレスや指輪を入れています(╹◡╹)♡

f:id:meymon:20201115145310j:plain

 

◇◆◇◆◇

 

新聞のコラム。。

( 2020年 11月11日(水)  日本経済新聞 文化欄 )

f:id:meymon:20201115145704j:plain

 以下に、読後の感想を つぶやきます m(_ _)m

 

◇◆◇◆◇

 

記事のテーマの絵は

エドヴァルド・ムンクスペイン風邪をひいた自画像 」

 

スペイン風邪をひいて

療養中のムンク(当時56歳 )の姿である

 

コラムによると

誰もが知る、あの「 叫び 」から二十数年後、

 

「 今度は、自分は生きるのだ、という” 心の叫び “を、

  まるで開けた口から吐き出すかのように描いている。」

 

 「  隔離中とあらば

      “ 今 ” の自分と向き合う またとない機会である。

 

  ムンクは弱った心身の状態にある療養中に

  あえて自画像を描き、徹底して自己を見つめたのだ。」

 

これを読んで

先ほど テレビの報道番組に取材された、

コロナ禍に立ち向かう、劇団員見習いの若者の姿と重なった・・

 

その若者は、

主役の舞台が中止となり

経済的な苦境や 不安のなか、

 

この苦しい想いをきっと演技に活かす、と決め

再開した劇団の稽古に 更なる情熱を注いでいるのだった...

 

・・・・・

 

数年前に知った、

ある外来語が 思い浮かんだ...

 

レジリエンス ”  

逆境に負けない、しなやかな強さ

 

わたしたちは

「 転んでも タダでは起きない 」

いのち本来の 粘り強さを発揮して、生き抜いていく。。

 

ムンク

病身の自分の姿を見つめ

 

回復しながら 後世に遺る作品を仕上げ

その25年後に80歳という寿命を 全うしたのだった..

 

********************************************************

「 365日 名言の旅 世界の空編 」11月16日のページより

f:id:meymon:20201115214151j:plain



************************************************************************

 

Have a nice day!

どうぞ すてきな一日を