うたと からだと わたし

キャリアチェンジして5年目。もうすぐ還暦。 ▪ 保育補助員の日記です。

“ 損 ” しても 穏やか。。( ツブヤキ )

ご機嫌いかがですか

メイもんです

f:id:meymon:20200906211730j:plain

おかげさまで わたしも家族も

体調もまあまあで 穏やかに暮らております… ( ˘ω˘ )

 

振り返ってみると

青年期・壮年期のころは

 

家庭を営み・会社勤め・子育てをし

無我夢中で生きてきたなぁ…と思うのでした

 

忙しい生活だったゆえ

自分の思考や 行動の傾向について

落ち着いて向き合ったのは、やっと最近です…

 

4年前の離職をきっかけに

ある女性の整体師さんに出会ったとき

 

「 あなた、負けず嫌いで 頑張りすぎ 」

と、身体の筋肉の状態をみて評されました。。

 

そんなふうに 目の前で

はっきり言われたことに まずは驚き、

言葉の内容については 後からゆっくり納得したのでした

 

言われてみれば

思春期以降、つい数年前まで

 

 ” 頑張ります!“ の意気込みで

首・肩・脚などの部分はコチコチに固めていて、

その裏では、丹田という肝心なところが緩み過ぎていた思います

(  いわゆる、“ 氣が上がっている ” 状態でした。。(・∀・)   )

 

しかしながら

年齢を重ねることで

 

頑張りがきかなくなるとともに

カドも とれて丸くなってきたのでしょう…

 

怒りなどの激しい感情は

ほぼ持たなくなって久しい…と感じていますし、

 

今は心身を ゆっくりとほぐすべく

ストレッチやセルフ整体をし、丹田も意識しています

 

おそらく自分は

エネルギーを 上手に巡らせて

穏やかに 生きようとしているのかもしれません

 

氣負いすぎたり

物事に一喜一憂したり

 

怒りなどの負の感情を強く持つと

 生命エネルギーをきっと消耗させてしまう・・

 

そのことを

経験的に学んできただろうし、

読んできた本からも学んだのでしょう

 

中でも 美輪明宏さんの著書

「 ああ、正負の法則 」は 印象的でした

 

人生というのは

いいことも、良くないこともあり

そのバランスがあって 成り立っている。。

 

歴史上の絶世の美女が

数奇な運命だったことが象徴するように・・

 

◇◆◇◆◇

 

美輪さんの音楽会のステージを

一度だけ 観に行ったことがあります

 

にこやかな表情で 客席に向かって、

「 あなたたち、普通で ( 美人でなくて) 良かったわね 」

とおっしゃって、笑いをとっていらっしゃったのでした、。。(*^_^*)

 

「 正負の法則 」を知っていると

たとえば 投資したお金を損してしまったとき、

 

“ この損のおかげで 他方に良いことがあるんだ ” 

と、視野を広く持ち 前向きに捉えることも可能です

 

そうしたら

心穏やかに過ごせるでしょう…

 

実際に、人は

転んでもタダでは起きないものです。。

 

失敗から、病気から、

様々な艱難辛苦から学んで

たくましく、賢く 平常心を保っていく…

 

というわけで

「 正負の法則 」なのですね。。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「 365日 名言の旅 世界の空編 」9月7日のページより

f:id:meymon:20200906221300j:plain

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

Have a nice day !

どうぞ すてきな一日を